ブログきのこ三十郎

コンセプトはキャッチアンドストマック・・・・ 好きな言葉は みっしり・モッキリ・強炭酸

フィールド

                        山歩きの事とかいろいろです。

第四回 鯊釣り遠征からの山芋掘り




11月30日は先々週と同じルートでI東氏と共に鯊釣り~山芋掘りに。




no title
最初のポイント到着は6:30



2
霜が降りて寒いです。



1a
満潮近いので水位が高く、濁りも入って穴が見えず苦戦。
結局ここでは一回きりのアタリを逃して釣果ゼロ。
まぁあれだ、タイドグラフを見ればソコリ後の13時ぐらいがチャンスかなと思えど、二兎を追う僕等には時間が無い(ワハハー)

先々週持ち帰ったカワアナゴをリリース。
帰り支度をしていると、名人と〇ぼーさんがご登場でご挨拶。
僕等はダメだったけど、名人が鯊をどんだけ引きずり出すのかお楽しみです。



3a
二ヵ所目のポイントは僕のホームとも呼べる、某河川。
大石鯊マンションをI東氏に譲り、僕はテトラ帯へ。



4a
ここで特大をキャッチ。
最初のアタリが空振りで、餌を付け直して誘ったら出てくれました。
推定20センチーオーバーの刺身サイズです。



5
I東氏も18.5センチぐらいの良型をキャッチ。
この日行われるクラブ忘年会に献上する刺身サイズを12匹が本日のノルマでありましたが、寂しい釣果になりました。




6a
三ヵ所目はメジャーポイントのテトラ帯
ここでもノーアタリでゼロ釣果。
良い年はツ抜けが当たり前だけど、今年は鯊が少ないみたいですねー。


で、気を取り直して富里方面まで山芋掘りに。




7
先々週目印を付けといたんすよ♪




8
この時期になると樹上の痕跡はこんぐらい。
風で弦が飛んでしまい、辛うじて残った花殻で芋の規模を推し測ります。
つーことで、季節が遅くなるほど芋を見つけるのが困難なのね(老眼だし♪)
だもんで蔓が切れる前に前以て目印を付けとくんですが、ライバルに掘られちゃう事も。
山の掟は厳しいのです(ワハハー)




9
I東氏気合入れてスタート♪




10
2時間半かけて掘り出した、会心の一本!

僕はと言えばチビ芋に当たってしまい意気消沈(ワハハー)
今回はI東氏のおこぼれにあずかるとしましょう。




第三回鯊釣り遠征からの山芋掘り



11月16日は呑み朋I東氏と連れ立って九十九里方面鯊釣り遠征。



no title
現地着は6時。





2
暫くやってるとI東氏が小物を掛けたが、それっていかにもダボっぽい?




3
僕の方はポイントの上流側突端でやってみると、グググッと抑え込む様なアタリ。
いつも通り少し食い込ませてから軽く合わせると、糸鳴りさせながら走る大物!
これを暫しいなして抜き上げると、カワアナゴ!
20センチは楽に超えてます。



4
その後大しアタリも無いので、撤収。
最初にI東氏が釣ったのもカワアナゴでした。



この釣果ではカッタルイので、秘密のポイントへ回り、I東氏に若干数の鯊を釣ってもらいます。
ただしここは温めているポイントなので、乱獲はダメね。



5
そこで掛けたのが今シーズン初の特大ジャスト20センチ来ましたー!




7
更に上流側にて八尺の竿で流し釣りしてみたら良型を2匹釣る事が出来、満足。
僕がリリースを含め5匹でI東氏が4匹の釣果。


その後もう一ヵ所新規開拓の海辺のポイントでやってみましたが、中ぐらいの鯊一匹で30程で撤収。

先週行った冨里の山芋ポイントまで車を走らせ、二人で小さい山芋を2本掘り、終了。
掘った芋は余りにも小さく、恥ずかしいので掲載ナッシング(ワハハー)



それだけではナンなので、突き鍬再改良版の事なぞ。


3
先日柄の先端にカウンターウエイトを取り付けた自作突き鍬に再度改良を施し、刃の身幅を10ミリ狭い90ミリに。
更になで肩形状に改め、切っ先を湾曲形状に。
これまではいかり肩だったので土を上げる時に穴ぼこに引っ掛かり勝ちだったが、なで肩にしたので土上げがスムーズに。
細身&湾曲切っ先で刺さりが更に良くなり、穴掘りの効率が格段に良くなりました。
名付けて 『 チタン刃竹柄内部ウレタン補強カウンターウエイト突き鍬K2 』 完成であります。




8
帰宅後集合写真。



夕刻、恒例の反省会でこたな木へ。





9
カワアナゴの刺身は鯊のフレーバーは無く、淡白な白身で歯応えもコリコリ美味でありました。




10
11
とろろも頂いてごちそうさま。


山芋は後3本ほど目印を付けて来たけど、掘るのは来週かな。


第二回鯊釣り遠征からの山芋掘り



11月9日(土)は呑み朋I東氏&Osamuちゃんをお誘いして鯊釣り遠征へ。




no title
以前から目を付けていた新規のポイントへ行ってみたが、うんともすんともノーアタリ。
20分で撤収し、メジャーな鯊穴釣りポイントへ移動。



2a
しかしこちらのポイントでもアタリが少なく大苦戦。
なんならサイズも小さくて・・・・




3a
最大が18センチ、数もサイズも伸び悩み、3人合わせての釣果が8匹って・・・・
水位が低くて魚の警戒心が強かったのか、はたまた場荒れか・・・・



強いて言えばこの渋い中、I東氏が執念で大物を釣る事が出来たのが収穫だったかな。




11a
I東氏、Mrボウズの汚名返上の瞬間であります♪(ワハハー)



で、9時ごろには撤収し、八街方面の山芋ポイントへ。



4
20数年前に沢山掘ったポイントへ行ってみたら、まぁまぁ(掘る気になる下限のサイズ)の弦があったので開始。




しかしこの山桜の根っこが文字通りの曲者で、掘るのに難儀したわりに芋はチョッチュルしか採れんかった。



10
その後3カ所で掘り、この収穫。
相変わらずヘタクソなのでバキバキです(ワハハー)



16
今回自作チタン製芋掘り突き鍬に改良を施したんす。
軽量化を狙い刃をチタンでこさえたんだが、軽過ぎて刺さりが悪い事態に。
で、柄の先端に鉄でカウンターウエイトを増設、重量バランスは5:5程に。
突き下ろす時は増した重量で刺さりが良く、土を上げる時はカウンターウエイトの効果で刃物部分が軽く感じられるスマート設計。
目論みは見事に功を奏し、使い勝手は大幅に向上しました♪
名付けて 『 チタン刃竹柄内部ウレタン強化突き鍬K1 』 であります(ワハハー)




15
山芋掘りの勲章っす♪




その後恒例の反省会兼収穫祭をこたな木にて開催。


12
6
5


すりすり風景動画


7
14
8
13

9
17



満足満腹ゴッチャンでした!


第一回鯊釣り 九十九里方面遠征



11月2日(土)は九十九里方面のマイポイントまで冬鯊釣りに。



no title
6時、上げ8分開始。




1a
2度の大型台風や大雨にやられたこちら地域、釣り場のコンディションが心配だったんだが、川面はいつも通りの景観を呈していた。




2a
勝手知ったるマイポイント、序盤は当たりが無くチョッチュル心配になったが、暫く誘っていると良型が食って来た♪




3a
18センチに届きそうなヤツ。



4a
5a
6a
途中2ヵ所の穴で5匹ずつ程連発し、最後の大石鯊マンションでは20匹近くを引きずり出して、痛快な釣りを満喫した♪




7
中型も釣れたが、18センチオーバーも沢山連れて、合計35匹とシーズン初日としては予想外の好釣果となった。

増水やゴミの影響が殆ど見られなかったマイポイント、ここを開拓してから3年目を迎えたが、今のところ僕だけの秘密の優良ポイントなのだ♪
今後ここは2週間ほど休ませる事にして、次週は別のポイントを探ってみよう。



翌日に釣果をこたな木に持ち込み、やってもらった。



10
鯊の洗いマイウ♪



11
鯊せんべいマイウ♪



12
鯊の天婦羅シャスデリ♪

次回が楽しみ。

第九回きのこ採り(御山遠征)



カネやん逝く。
O・Nに意見できる数少ない漢だったねぇ。
巨星落つ。

■ ■

第九回目御山遠征はマイルートから。




1
夜明けの気温は12℃と相変わらず高め。
降水量は少ないが、週始めに気温が下がった筈なので、期待半分で歩き出す。



いつも指標となる道の法面には雑きのこがチラホラ。
ここにドバっと出ててくれるとヤル気スイッチ入るんだが・・・・



2
差し込む朝日に照らされてシラビソの森が神秘的な色合いに。



3
いつもの突入口からえっちら登って行くと、BNTGポイントはお留守で、その上に華奢なショウゲンジ。




4
小さ目なツバアブラシメジ




5
キシメジの傘が余り尖らないタイプ。
標高の高い所にでるヤツで、見た目シモコシ。 
味も苦くなくて美味しい。
僕は親しみを込めてキンダケと呼んでる。



6
左右を沢に挟まれた地形の通称ショウゲンジ尾根を登って行き、左側の沢沿いの上に良い林相をみっけたのでグングン上るが、さしたる獲物無し。
小さなチャナメツムタケ。

伊東氏は下の方でチャナメの群生をみっけた(らしいよ)




7
ハナイグチ開き。
収穫が少ないので腰籠へ。



8
BNTGもおまじないで腰籠へ♪



10
9
沢を渡って奥地へ行く事は取り止め、適当な倒木をみっけておにぎり朝食。
今日の自家製佃煮は2年熟成クロカワ・イナゴ、今年のマテ貝と山椒であります。
あ、露出が・・・・


一旦車まで戻り、チョイ下のヤマドリクロカワ畑へ・・・・



11
12
いつものマッチャンのシロはお留守で、ハナイグチやら摘んで・・・・




13
クロカワあったよ♪




14
先々週ここに来た時は何にもナッシングだったので、こんな小さいんでも嬉しいや。




15
16
さらにハナイグチを摘んで・・・・





17
下側に移動すると、すぐに伊東氏が良いハナイグチみっけた。





18
更にこんな素敵なクロカワも♪
伊東氏、相当ウデ上げたねぇ



19
一応アチキも採りましたけどね!



20
21
更に下の若モミ林まで車で下がり、ダメ元で様子を見に入ってみたら、クロカワがポツポツ採れて・・・・



22
毎年出てくれるホンシメジ、今年は無しかなぁと諦めかけてたら、開きがふたつ♪
ギリセーフっつー事で、キープね。

御山のホンシメジは里山と違い神出鬼没が常。
こうして律義に同じシロから出てくれる奴は有り難いねぇ。




23
上側のポイントでクロカワをチョッチュル追加して、メジャールートへ・・・・



24
メジャールートは先週よりも更に少し奥側から突入。
相変わらずきのこは少なめだが、こんな極上も。



25
随分下がってからアシナガはピンボケ。
この構図、ピンボケ確立高いなぁ・・・・




26
通称原っぱを突っ切る途中でミヤマハナゴケの中にハナイグチ♪



27
更に行くと、やっとのヌメリササタケ。




28
青味がかった軸のだんだらが特徴。
青味が無しで、褐色なのがマムシフウセンタケだと思ってるんだが、今年は未だ出会えず。



29
マッチャンのシロまで下りてみたがこの日も留守。
えっちら登り返したところで伊東氏がマッチャンシャベルをみってけくれた♪

コイツは昨シーズン僕の籠から落ちて行方不明になってたヤツ。
来週はいい事あるかな♪



ここから伊東氏撮影画像。

30
31
32
33




 
本日の収穫


クロカワ    袋2
ハナイグチ       袋2
キノボリイグチ       袋1
ナラタケ       ちょっぴり
ホンシメジ      ちょっぴり
ヌメリササタケ&ツバアブラシメジ 袋2
キンダケ・アイシメジ      小袋1
クロラッパタケ     ちょっぴり
コガネヌメリガサ    小袋1


今年はまともなクロカワ食えないんじゃと心配してたんだが、結構採れてよござんした。
引き換えナラタケは3本だけと貧果。


ラスト一週間で気温さえ下がってくれれば、パッと出そうな気もするが・・・・


記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ