手長蝦釣りやうなぎ釣りに活躍して来た蝦特急きのこ号はね、30数年前に、ゴルフコンペの景品としてゲッチュしてからこっち、重宝して来た。

250
しかしながら外置きと言う事もあり、ホイールベアリングのガタが出始め、そろそろ乗り潰した感が・・・・
タイヤもチューブも幾度と無く使い切り、今まで良く頑張ってくれました。


251
現在主力で普段使いしてるのはBianch号。
コイツはヤフオクにて結構格安でゲッチュ、不具合箇所を直しながら大事に乗ってる。
ただ、アルミフレームの折り畳み自転車は劣化も早いので、酷使はしたくないのが本音。
それからハンドリングが最悪で、手放し運転も出来ぬ程のじゃじゃ馬。
もう少し安心して普段使い出来るチャリンコを物色してたんす。


1200
で、こないだヤフオクでポチったのがコイツ。
PEUGEOT COLIBLRIの中古相場は5~7万円程かな。
多少不具合があっても調整で何とかなれば、25,000円ならお買い得かも?つーことで、購入。


1100
駄菓子菓子・・・・
届いたチャリンコを見てみたら、ハンドルステムが割れちゃってるや~ん!
ヤフオクの取引連絡で 『良い品がすぐに届いて満足』 なんて既に書いちゃったけど・・・・(ワハハー)



1300
ヤフオクの売り口上を再確認してみると、ガタ・傷はあるって書いてあるけど、ここまで分かり易く割れてるんなら、正直申告して欲しかったねぇ。
取引連絡で譲渡証明書送ってくれって頼んだら送るって返事来てたが、その後でステム割れてるから軽く文句書いてやったら、譲渡証明がいつまで経っても来ネェ(ワハハー)

まぁあれだ、僕の所にやって来たのも何かの縁、直しちゃる!



1310
で、アルゴン溶接でビビビッと溶接し・・・・
ちなみにハンドルステムの関節部分はBianch号と共通。


1311
小1時間で修復♪
Bianch号とCOLIBRI号、共通部品が散見されるから、メーカーは恐らく同じなんだろうね。

防犯登録するため、出来れば正規の手続きを踏んで譲渡証明が欲しいんだよなぁ・・・・

てな事をやってたら、売主からハンコが届き、譲渡証明書を作成して無事防犯登録まで済ませる事が出来た。

さぁ、晴れて乗り出してみたら、こんだはFブレーキかけるとガツンガツンとショックが・・・・


1a
前輪を浮かせて回しながらブレーキ掛けてみると、リムのジョイントにクラック?があり、段差が生じてる。
これではブレーキライニングに鉋かけてる様なもんだわな。

Bianch号もそうなんだが、ここにクラックみたいな線が入っており、それでも破綻しないのが不思議。(タイヤのオゾンクラック、結構来てるなぁ)

netで調べてみると、バイクのアルミリムの様にジョイントが溶接されてる訳じゃなく、ダウエルピン的なモンで接合されるんだね。

つーことで、ラウンドポンチでもってコツコツ叩いて段差を修正、ブレーキング時のガツンガツンと言ったショックは無事修まった。

今後は二台を取っかえ引っかえ乗って延命措置としよう。