続きね。

中華やまだで超満腹まで食ってしまい、なんとかウチまでたどり着いた僕はすぐさまバタンキューでシエスタ突入。

しかしこの日は夜の部でI東氏・磯ゴキブリ夫妻と共に駒形どぜうへ行く予定であったのです・・・・

ぐっすり寝て起きたら15:30、まだお腹は満腹のまんま・・・

これはマズい事になりにけりっつーことで、急遽腹減らしウオーキングへ出掛ける事に・・・・



57
梅雨も明け夏本番、キツネノカミソリの妖艶な花が咲き出したね。


58
59
60
某運河まで来てみると、亀が沢山見られたね。
一番上のクサガメは産卵で上陸した所を誰かにここへ乗せられたのかな。

つーことで、某運河をフルに一周するつもりが、時間が押して半周で切り上げ、そそくさと駒形へ向かったんでありました。


61
地下鉄を乗り継いでやって来たのはお馴染み駒形どぜう。
おりしもこの日は土用丑の日、本来なら鰻屋さんへ行きたいところ・・・・
しかしながら一年で最も鰻屋さんが混む日なわけで、どぜうに白羽の矢が立ったのです。


62
どぜうに目が無いI東氏と僕、まずはどぜう鍋。

63
最初はそのまんま頂いてから、ネギとささがき牛蒡をトッピングで三段階の味を楽しみます。


65
磯ゴキブリ夫妻は初チャレンジなので、裂きからスタート。
丸どぜうに比べると、見た目から優しいです。

65a
やはり薬味を乗っけて頂きます。
磯ゴキブリママは丸はダメだったけど、裂きは美味しく頂けた様でよござんした。
パパの方は丸も美味しく頂けた様で何より。

方々にどぜうメニューは数々あれど、どぜう好きならずとも、苦手であっても駒形どぜうは一度食ってみる価値ありの名店であります。


66
冷酒を3~4本空けて・・・・

101
最後は柳川鍋でフィニッシュ♪
磯ゴキブリママ、柳川は裂きでよござんした♪


67
今宵も美味しいどぜうを満喫しました。

で、お次は浅草の正ちゃんでも行きましょうと言う事で、雷門を越えてテクテクと・・・・
駄菓子菓子、正ちゃん満員返り討ちに遭い、返す刀で・・・・

68
アルプスへ来てみると、営業時間終了返り討ちトホホ・・・・
ここの美味しい肉豆腐やナポリタンをね、食ってもらいたかったなぁ・・・・

しょーがねぇので電車でGO!で新小岩・・・・


69
ダメ元でかど鈴へ来てみたら、運良く空いててよござんした♪


70
名物かさねであります。
ハチノスやらフワも入って、くっさい系硬派の煮込み。


71
さっぱりとマグロ。


72
茗荷ぬたもウマし。

後からやって来た、本日が初訪と言うノンベアベック二組の皆さんと酒場話で盛り上がりましたね。
良い酒場には良い客が集まるって事かな。

これにて2日連荘はしご酒ツアーも終了。
皆さん股飲りましょう。