シブコ自己ベスト66での逆転優勝おめでとう。
デヴューイヤーのシーズン序盤で全英オープン優勝はフロックだと思った。
これから荒波に揉まれて消えなきゃいいなとさえ思った。
そこから国内で逆転優勝を重ねる度、フロックじゃメジャー大会に勝てんよなぁと思い直させてくれた。
実力と運を引き寄せる何かを持ち合わせてるのは確かだねぇ。
賞金女王に向けラスト1試合、頑張ってくれたまえ。

■ ■

先日仕事帰りに呑み朋I東氏&Osamu氏と六兵衛で合流、二軒目にお好み焼き屋へ行った。




1
以前知り合いからけっこうウマいよと聞かされていた、どんなもんじゃ。




2
メニューは豊富なれど、僕の欲するシンプルなもんじゃが見当たらぬ・・・・
う~ん、これじゃぁ月島辺りのスカしたもんじゃ屋と変わらん・・・・




3
お店の人に紅生姜と切りイカとベビースターでもんじゃ出来ますかと聞くと、オーダー通りました♪





子供の頃、僕等の地元ではもんじゃで土手を作る習慣は無かった。
なんでかっつーと、土手を作るに足る物量が圧倒的に不足してたんだな(ワハハー)
味噌汁のお椀に一杯@30円のもんじゃには申し訳程度のキャベツと紅生姜と切りイカしか入ってなかったからね。

土手を構築する様になったのは近年になり、もんじゃ一杯の量が丼ぶりに山盛りになってからの文化だと思う。



5
これはお好み焼きを知らずに岩手県で育ったOsamu氏の蛮行(ワハハー)
ソース焼いたら苦いっぺヨォ!

あ、そういえば子供の頃学校裏の駄菓子屋で友達ともんじゃ焼く時にね、後から焼く相手のもんじゃが自分のもんじゃにくっつくとね、『 あ、陣地にくっついた!取り! 』 とか言ってくっついた部分を数ミリ程ガメる暗黙の掟があった。
少ないもんじゃの汁で陣地を広げる戦法が  の陣形だったなぁ(ワハハー)

つーことで、小松川のどんなもんじゃ、大変美味しゅうございました。