2021年04月

                        山歩きの事とかいろいろです。

ほぼ週刊 CB400FOURⅡをつくる 19

足掛け3年かかり、ようやく車検も通して公道復帰なった初代きのこ号。
ちょこまかとダメ潰しもしていて、現状で残ってるダメはクラッチレバーを握るとニュートラルランプが点くという症状。
まぁあれだ、これはさしたる問題でも無いので後回し。

残るは充電不良。




充電不良でいの一番に調べるのが、ACGナマ交流黄色線の電圧。
これがちゃんと60V出ているので、励磁電流~フィードコイル~ステータコイルは正常だ。
ちなみに各コイルの抵抗値は概ね既定範囲内だった。

あ、フィードコイルに電力供給する励磁線(ACGサブコードの白線と緑線)をチェックのために引き抜く際、ギボシから線が抜けちゃって、目が点になったyo!
この辺は社外品だから、純正品質とはいかんねぇ・・・・



次にテストするのは充電をつかさどるレギュレクチ。
今回の初代きのこ号ではサンゴールックきのこ号やCB500号と同じ、後年式の純正レギュレクチを使ってる。
つーことで、サンゴールックきのこ号から同型のレギュレクチをコンバートし、充電電圧をチェックするが、バッテリー端子電圧は動かず。



こうなると初めての事象になるので、配線図と睨めっこしながら思案に暮れる・・・・



100
もう残された充電経路は限られてる。
怪しいのはレギュレクチで整流された直流がバッテリー+端子まで流れる赤二白線経路だ。
ルートには一つの2極カプラと、スターティングマグネチックスイッチでの端子接続がある。


とりあえずそこを剥ぐってみると・・・・




400ajuden1
当時物マグネチックサブコードの赤線・赤二白線の二極カプラを抜いてみると、焦げるまでは至らぬが、黒っぽい。
赤二白線端子と車体間で電圧をあたると、電気は来ている。
ここは最も活きのいい直流12Vが通るからね、劣化も激しいんだね。



カプラから端子を抜いてみたら、古い雌端子の嵌りがユルユルだった。
原因はこれだ。
端子をクリンナップしてプライヤーで適宜潰してから復旧。




400ajuden2
メインスイッチOFFでバッテリー端子間電圧は13.1V。




400ajuden3
メインスイッチonで12.9V。



400ajuden4
アイドリングで13.5V。



400ajuden5
三千回転以上で14Vになった。
まぁね、お気に入りで使って来た高年式純正レギュレクチは温度上昇も少なくて高耐久、高性能なんだ。

ふぅ~、これにて充電不良復旧。


ああそれから、何速に入れていてもクラッチレバーを握るとニュートラルランプが点灯してしまう事象は純正シリコンレクチファイアの不良でありました。
新品なのに、こんなこともあるんだねぇ。


400a100
400a101
つーことで、走り出すに際しての不具合はオールクリア。
いよいよ慣らし運転に入ります。


岸田屋からテクテク歩いて亀印食堂初訪

解決金てなんね?
非が無ければカネ払う必要ないよね。
なんで素直に返済って言えんの?
そういう人の血が皇室に混ざるのはヨクネェ。
つーか平民の家柄だって断固お断りだ。

■ ■

岸田屋を出た我々はいつものルーティンでメロンパン屋さんへ寄り道。


21
途中で昔懐かしいマジックハンド式物干し竿受けをパチリ♪



22
Osamu氏はメロンパン、僕とI東氏はラスクをお買い上げ。




23
佃大橋をくぐってテクテク行くと、渋い酒場。
いいねぇ。
次回岸田屋にフラれたら、訪問してみましょう。




24
さらに少し歩いて亀印うどん食堂到着であります。
単に亀印食堂と呼ぶ向きもある様ですが、こんだ店主に聞いてみたいですね。




25
懐の深いメニュー群。



28
ドリンクはこんな感じ。




26
ここはOsamu氏にお任せで野菜炒め。




27
〆のカツカレーであります。


昼間っから超満腹まで食ってからの夜の部2軒目で、もうお腹ははち切れそうです(ワハハー)
でも念願の亀印食堂へ訪問出来て心も満足♪


また寄らしてもらいます。

終り



久々の岸田屋 @月島

4月10日(土)は呑み朋I東氏&Osamu氏と連れ立って、月島の岸田屋へ。




1
コロナ禍で入店人数を制限している事は必定、ややもすると口開け時刻を前倒しされてるかもっつーことで、念の為15:30分に現着してみると、ウエイティングは4名。
程無く僕らの後ろにも数人並び、合計13名ほど。
そして案の定、16時には暖簾が掛かった。




2
I東氏撮影の店内パノラマ画像。
天井の魚拓は増々燻蒸が進み、もはや大物石鯛の大きさも判別できぬものもちらほら。




3
お二人、何やら相談中。




4
5
僕は昼間やまだで食い過ぎちゃってるので、ハイボール、お二人は生ビールでスタート。




6
岸田屋のステンレスタンブラー、ひんやりと心地いいのです。




7
カウンターの内側にはしみじみワールドがあるのです。



9
おかず一発目は当然煮込み。
今日が初訪のOsamu氏も唸っております。




10
網目柄がエージングで艶消しに。
重なる部分をわざわざ切って描いてる、丁寧な仕事。
この模様、好きなんだよね。
時代的に、きっと手書きだね。




8
ぬた。
ここへ来たら外せんね。




11
これまた外せん肉豆腐。
貫禄。




13
最初のハイボールをスカッと流し込んだら、いつものヤツにチェンジ。
澤ノ井冷しをマブイ若女将から注いでもらうだけで、アタリ♪




14
Osamu氏が迷いに迷ってオーダーした銀鱈煮付け。
超肉厚デラックスヴァージョン。




15
コイツは僕が推す、れんそうごま和え。
澤ノ井に滅法合うねぇ。




16
向こうっかわしの先輩が煮込みの汁を特注ご飯に!




17
これはウマいに決まってる!(ワハハー)
だけど、僕が頼んでもご飯をもらえるかっつーと、微妙(ワハハー)
きっとご常連特権裏メニューっすね♪




18
お二人はホヤやら頼んで澤ノ井冷やしを堪能してたみたいですが、僕は昼間からやまだで2つ飲ってるので、澤ノ井2つの後に大人しくウーロン割りでフィニッシュ。


お二人もまぁまぁ満腹モードらしく、〆の明太子おにぎりは次回の宿題っつーことで、さっくりお勘定。




19
20
オマケ画像



続く




このところのまかない

璃花子、あれよあれよと言う間に2種目代表内定。
凄いねぇ、若いって素晴らしい。

僕なんか日曜日にゴルフしたら、翌日、生まれてこの方味わった事が無い程の、猛烈な全身筋肉痛に見舞われた。
堪らずマッサージを受け、梅干しハイやら3つ飲って痛みを和らげてからお風呂に大涌谷湯の花を入れてじっくり温泉浴。
夜半になりどうしても痛みに耐えかねてロキソニンを飲んで、やっと就寝できた。
年を取るというのはこういう事か・・・・

■ ■

このところの色々ね。





1
これは2回目筍ごはん。
結局3日連続筍ごはん炊いたけど、ウマいねぇ。





18
これは初回の唐千寿とアケビの芽のパスタ。




2
3回目はスパゲッティ ボッタルガ チッポラ ジェルモリオ アーリオ オーリオ ペペロンチーノ。
buono!!


つーことで、このところのいろいろでした。





大黒鮨~カネスゴールデンルート

松山英樹、マスターズ優勝おめでとう。
過去に全米オープンで一時首位に立った時に、敗れはしたが、いつかメジャーを獲る日が来ると確信した。
おめでとう、日本の息子。

■ ■

4月6日は飲み朋Osamu氏と合流して大黒鮨へ。



6
付き出しは今が旬のホタルイカウマし。



7
熟選生でスタート。




8
鯛と中トロはオートマチックで出て来るのです。




9
初物鰹叩きを頂いて、寿命を七十五日伸ばします♪




10
きんき煮付けシャスデリ。


芋の水割りやら四つ流し込んでさっくりお勘定。

Osamu氏の提案でカネスでワンタン食っていきましょうと言う事に。



11
〆のワンタンでフィニッシュ♪



12
股飲りましょう。






記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ