2020年04月

                        山歩きの事とかいろいろです。

百味家~勝~キッチンこば

4月10日は時短営業で早仕舞い。
呑み朋Osamu氏から呑みましょうとのお誘いで、百味家。




600
チャリが停まって無かったのでてっきりPPかと思ったら、しっかり先客ありっした(ワハハー)





2000
ピーマンとじゃこの炒め物・目刺し・酢の物で生ビール~ホッピー2杯。



1000
これがスゲー魅力的だったけど、グッと我慢。


Osamu氏行きつけの勝のハンバーグがウマいってんで、行きましょうという事に・・・・




3000
勝はお通しが素敵。
蕗、葉っぱまで使うなんて、蕗好きにはご馳走っすねと言ったら、
『庭で収穫したのよ』とは女将の弁。



4000
噂の、勝のハンバーグ。
フワフワ感も味も美味しいんだが、惜しむらくはスパイスの風味に乏しい・・・・
僕は怖くて言えんので、こんだOsamu氏にご意見してもらおう♪(ワハハー)



翌土曜日のランチはハンバーグの口直しがしたくて、キッチンこばへ。




9000
やってて良かった♪




5000
鉄板ルーティンで瓶ビール。




6000
野菜サラダはセロリが復活してて、よござんした。




7000
で、本日のメインディッシュ、スパゲテーハンバーグであります。
うっかり『ハンバーグスパゲッティーね』と言ったら、スパゲテーハンバーグですねと(ワハハー)




8000
キリマンジャロに降る雪と、キラウエア火山の溶岩流を表現してみました♪
やっぱしね、こばのハンバーグはチャンピョン。
昨夜のハンバーグよりも数段上手であります。

まぁね、嗜好がお子ちゃまなので、毎日ハンバーグでも一向に構わんのです♪(ワハハー)


きつねや @築地

去年の5月6日にモテギで転んでね、その際両肩を打撲。
打撲あるあるで、当日はそんなに悪化する気はしなかったんだが・・・・
数日経つとどんどん痛くなり、まぁ打ち身だからそのうち治るだろうなんつって・・・・
しまいにゃ痛みに我慢できなくなり、かかりつけ医に湿布薬をもらって・・・・
それがだんだんと慢性化し、以前患った五十肩と同じ症状になり、本格的に長期戦に・・・・
最近になりnetで 【腱板断裂】 なる症状を発見、もしかしてと思い地元ナンバーワンの整形外科へ赴き、レントゲン~CT~MRIと撮ってもらったら、とりあえず腱板断裂では無いとの所見でホッ♪
しかし打撲でこんだけ長引くっつーのも解せんし、湿布とストレッチぐらいしか打つ手がないのが困りもの。
若い頃なら、事故っても体は自然に治るけど、バイクは直すにカネがかかるなんて言ってたが、年は取りたくないねぇホントに。

■ ■

先日初めて都内の某大病院へ入院付き添いで赴いた。



8
13階病室の窓からの風景。
眼下の広々してるところは旧築地市場跡。
向こうの緑地は浜離宮庭園。
分かる人には分かる病院。
ちなみに半月ほど前、関係者にCOVID-19感染者が出て、現在は面会禁止。


用事が済んで、築地でランチと言ったらね、あすこ♪




3
正午少し前だったが、先客は2名しかおらずラッキー!
遠慮なく鍋前アリーナ席に♪




1
築地場外きつねやの牛丼であります。
ついつい『大盛りで』と口を突いて出るのです♪
あ、何か忘れたと思ったら・・・・




2
半熟卵を後乗せしてもらいました♪
きつねやでは生卵と半熟卵が選べるんす。
もうね、最っ高にマイウ~♪
ワシワシとかき込んで満足ごちそうさま。





4
僕が食い終わる頃には特設トロ箱テーブル席も埋まり出してたねぇ。
こっち側でお店に背を向けて食えば、My紅生姜もつかえるって寸法(ワハハー)



5
場外エリアを少しぶらっと歩き、玉子焼きの丸武。




6
厚焼き大をおみやでゲッチュして帰ったんでありました。


CB500号を駆ってマイフィールドで菜摘み

先々週ぐらいの予想では今日あたりに非常事態宣言が出ると噂されてたが、どうやら明日7日に宣言されることになりそうだね。
それでもウイルス感染のスピードは鈍らないんだろうなぁ。
早いとこ終息に向かって欲しいもんだ。

■ ■

4月4日はCB500号を駆り、千葉県のマイフィールドまで菜摘みに出掛けた。





1
第一ポイントでパチリ。



2
お目当てのタラの芽は・・・・



3
しっかりやられてた。
山の掟は厳しい・・・・



4
ここはわりといいノビルも出るので、少し掘って。
しかしここでシャベルを忘れてた事に気付き、ナイフで掘る羽目に。



5
高速ワープで第2ポイント。




7
6
こっちのタラの芽は全体の半数が頃合いに育ってた。



8
綺麗なアケビの花。



9
収穫。



10
更に奥の方がいい感じに見えたので、踏み込んでみると、良いのをみっけ♪




11
ゲッチュ♪



12
山椒の若芽も出始めてるね。



13
再び高速ワープでアケビポイント。



14
どっさり収穫。




15
山椒の芽も収穫。



16
17
少し先のタラの芽ポイントは先週残して置いたヤツが結構育ってた。
こんぐらいに伸びちゃってても充分に食えるんだが、今回は見送り、来年に回す事に。



18
ゼンマイも生えてた。



50
更に芹ポイントでパチリ。




24
芹をどっさり獲ってから、コゴミ&ノビルポイントへ廻り、パチリ♪
いい風景。




20
コゴミはまだ少し早かったね。



21
小さ目のヤツを少々ゲッチュ。




22
ノビルは新規のポイントをみっけて、特大ジャンボサイズをゲッチュ♪




23
うんうん、粒ぞろい。



25
しゅしゅっと帰って、まずは山椒を湯がいて下ごしらえ。



その後芹やらのビルを洗って、いつもの如くこたな木に卸しがてら、夕刻より磯ゴキブリ夫妻・T中氏・Osamuちゃんをお誘いして一献。




26
27
28
30
31
〆の芹ごはんおにぎりバリウマっした!

いつも山ごはん海ごはんを美味しく作ってくれるこたな木亭主に敬礼!

ようやく春到来で山の幸海の幸が楽しめると思った矢先のウイルス騒ぎ。
早く終息してくれんと、筍が過ぎちゃうよなぁ・・・・

最近の備蓄食事情いろいろ

3月29日は満開の桜を凍えさせる様に、時ならぬ雪が降ったね。


no title
例年なら桜が満開になれば自然と心も浮き立つもんだが・・・・

■ ■

新型コロナウイルスの猛威が止まらんつーことで、騒ぎになる前に色々と買い出しした。

3.11からこっち、燃料やら食料を備蓄する様になったんだが、今回の買い出しついでに備蓄分の整理をしていたら、賞味期限切れ食品がちらほらと出て来た。



1
現在ウチにある備蓄食料の中で最も賞味期限の古いのはコイツ。
あきたこまちのお粥缶詰が20缶ほど。



2
賞味期限は13.4.14とあるが、これは2013年でなく平成13年!
つーことは1994年だから、かれこれ26年過ぎてる(ワハハー)
缶から中身を出さんと廃棄も出来ぬので、ずるずるとダイニングの片隅で熟成されて今に至るのです。



10
次に古いのがペヤングやきそば@初期型。
虫混入疑惑で販売中止になったのが2014年12月。
一時この初期型ペヤングの相場は@10,000円にもなった(らしいよ)
コイツも物置に仕舞ってあったのをつい忘れ、食うにははばかられる年月が経ってしまった。
ま、今後もコレクションとして♪



3
これは比較的若い方かな。
多分呑み朋のどなたかからのおみやだったと記憶しているんだが・・・・



4
賞味期限は去年の5月。
気付くといつの間にやら一年近く・・・・
生麺タイプだから、食うには厳しいかなぁ・・・・



5
これは先日やっつけたマッサマンカレーヌドル。
賞味期限は去年の7月だったかな。
カップ麺て、案外期限短いのかねぇ・・・・



6
これも先日やっつけたトムヤムまぜそば。



7
賞味期限は去年の10月だ。



8
パッケジー写真とはかけ離れた出来の、ジャンクなテイストでありました♪


以上、最近の備蓄食事情いろいろでありました。

点火回路のオカルト現象

昔、20代の頃、S30Zに乗ってたんすよ。
その頃日産に勤めていた同級生に教わった事があるんす。

ポイント調整やらタペットやらバッチリやって、キャブの同調もバッチリやるとね、アイドリングが滑らかに揃って来る。
そこからヘッドカバーに10円玉を立てて、そいつが倒れない様になるまで振動を無くすんだなんて♪

まぁあれだ、実際に10円玉が倒れん様にする事は不可能に近いんだけど、更なる均一な燃焼を目指して、バキュームゲージを完璧に揃えた後にね、アイドリング状態でプラグキャップを一本ずつ抜いてみる。

すると抜いてもさしてアイドリングが下がらない気筒と、ガクンと下がる気筒があるんすよ。
下らない気筒はあんまし仕事をしてなくて、下がる気筒は仕事が出しゃばり気味って考え方。

仕事をしてない気筒のスロットルバルブを少し開けてやり、出しゃばりの気筒の方を下げてやると、極上の滑らかさが得られるんすよ。
でも注意しないと、高圧コードの電流が腕にリークして、肘までドカーーーン!なんてね(ワハハー)

不調エンジンの診断の手段として同様にプラグコードを抜いて行き、仕事をしてない気筒を割り出すなんて事も出来るんすよね。


僕は不調診断に際して、アイドリング時にプラグを抜いてみるって事を長年やって来ました。
ところがね、どうも変だぞと・・・・






surkit
コイツは今世紀に入る頃に学習した、ヨンフォアを含む一般的な並列四気筒エンジン(二輪)の点火の回路図なんですけどね。
これを知る前までは一つの点火コイルから並列に高圧電流が出て、1/4番なら同時にそれぞれのプラグがスパークして、エンジンに接地してから後、電流はバッテリーマイナス端子に戻るんだと思ってた。

(蛇足ですが、バッテリーにそんな高圧電流戻していいのかなっつーところがずーっと疑問だった。
今でもモンキーの高圧電流がどこに帰るのか不思議なんす)(元の12Vから数千倍に昇圧されるけど、エネルギー保存の法則で電流は数千分の一になるの?)


で、上の図ではコイルから出た高圧電流は1番のプラグでスパークした後、4番の接地電極から中心電極に向かいスパークし、高圧コードを通ってコイルに戻るんですね。
その後電気がどこへ消えてしまうのか、知らないんですが、そういう事になってるんですと。

この回路だと、例えば1番のプラグキャップを抜いた場合、回路が遮断されるので4番でもスパークしなくなる。
つーことは、2気筒運転になる訳だ。

そうなるとプラグキャップを抜いた気筒の仕事量を推し測る事が出来ないって事なのね。

それはそれで理解出来るんだけど、問題なのは1番と4番のプラグキャップをそれぞれ抜いてみた時に、アイドリングの落ち具合があからさまに違うって事。


これってオカルト現象だわなー。


1番のプラグキャップを抜いてから、4番のプラグを抜いて、こちらにはプラグキャップを嵌めてエンジンにくっつけてセルを回してみて、実際にスパークするのか試した事が無いんですが、理屈からすると4番はスパークしない事になってる。

オカルト現象の訳を知ってる方いらっしゃいましたら、是非モンでご教示願いたいのです(ぺこり)

(あ!ヒョトシテ1番のキャップを抜くと、二次電流は4番から出てスパークするのか?)

■ ■ ■

分からぬ事は含蓄ある先人に聞けっつー事で、昨日RUST SALVAGE氏にご教示願いまして、二次電流は交流的な振る舞いでスパークを繰り返す事により仕事をして減衰して行き、消滅するという回答をもらいました。
お陰で長年の謎が氷解した思いであります。
この場を借りて御礼申し上げます(ペコリ)


■ ■

ちなみに点火コイル周りで不可解なオカルト現象がもう一つあり、本件を考察しているうちに、何となく謎が氷解した気がするので、その件はまた後日にでも♪




記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ