ブログきのこ三十郎

コンセプトはキャッチアンドストマック・・・・ 好きな言葉は みっしり・モッキリ・強炭酸

2016年06月

                        山歩きの事とかいろいろです。

続・最近食ったウマいもん



小池百合子、可愛げのかけらも持ち合わせないあの顔が嫌い。


ついでに言うと高市早苗も輪を掛けて大嫌い。 あの厚顔ぶりがダメ。
あとギスギス蓮舫も大嫌い。 あれに票を入れる奴の気が知れん。

やっぱし女は愛嬌っしょ。


自民党が推した都知事が相次いで金で失脚した事から、今回自民党は政治家の擁立を避け、政治家以外の分野の人材を模索している(らしいよ)
開いた口が塞がらんとはこの事だ。


■ ■

最近食ったウマいんもんの続きね。




4beb7f75.jpg

としのやのしっとりチャーハン大盛り&お肉たっぷり餃子。
やっぱしチャーハンはパラパラよりしっとりに限る♪





4ddd1085.jpg

同じくとしのやで先日食った、今年お初の冷やし中華。
リーズナボーで美味しいとしのやの冷やし中華なんだけどね、惜しむらくは錦糸玉子でなく茹で卵なところ。
まぁあれだ、これでいいのだ♪







『 皆もすなるサイゼリアというものを、私もしてみんとてするなり・・・・』

6d0443cc.jpg

先日サイゼリアデヴューを果たし、
CroquettePunchアニキご推奨の 『 柔らか青豆の温サラダ 』 を食ってみた。
水みたいにサラッとした白ワインに良く合い、とてもウマかった。

サイゼリア、価格が大衆酒場並みに安いのにクリビツテンギョウだったねぇ。
夜遅くまでやってるのも特筆もんだねぇ。
また行きたいなと。









49b725ea.jpg

最近クックドゥーのTVCMで回鍋肉をウマそうに食ってる絵が頭の片隅に張り付いちゃって、近所の今日海飯店にて、回鍋肉ランチ。
白飯にタッチアンドゴーする愉悦♪




てなわけで、最近食ったウマいもんでした。




最近食ったウマイもん



梅雨は中休みかな。
涼しくていいね。




a0a56ede.jpg

お散歩コースには今年も早生のヤブカンゾウが咲きだした。

■ ■

先日行った栃木方面そばツーリングの時に立ち寄った道の駅たぬまで購入した実山椒。
これを佃煮にしてみた。






c4bd64bb.jpg

まずはたっぷり目のお湯で湯がく事8分。
net情報によると、茹で時間は5分だったり25分だったり、実の硬さにより様々。






523afe51.jpg

冷水にとり、チョロチョロと流しながら辛みを抜くんだが、これも1.5時間だったり一昼夜だったりで、さらす時間はいろいろなんだね。
僕はとりあえず1.5時間さらしてみた。






b286bb29.jpg

で、にんべんのつゆ・醤油・みりん・ザラメで煮詰め・・・・
試食してみると、ヒリヒリと辛く食えたもんじゃないので、煮汁を漉してから更に10分茹で、6時間ほど水にさらした。

改めて漉してあった煮汁を沸かして煮詰め、そこに実山椒を戻し入れ、ひと煮立ちさせてから火を止め、含ませる。
これは山椒の芽の佃煮を作った時に学習したやり方で、単純に煮詰めてしまうと芽の潤いが抜けてがカサカサになってしまうんだな。

だもんで、具を煮詰める時間は最小限度とし、冷める過程で煮汁の味が浸透する程度にする。
こうすると、実でも葉でも潤いを保ったままの良い食感に仕上がるって寸法だ。






d4b8207c.jpg

とある日の夕餉。
なんちゃって下町大衆酒場風に、メインディッシュはハムステーキ&玉子焼き添え。
小鉢はこんにゃくと厚揚げと牛すね肉の煮っ転がし。







7653fc0c.jpg

小皿は自家製鯊の甘露煮・自家製イナゴの佃煮・自家製山椒の芽の佃煮、今回こさえた実山椒の佃煮だ。

ちなみに鯊の尾びれが割れてる所がね、冬の穴釣りで仕留めたヤツの証しである事は、穴釣り師のみぞ知るところでもある。








6c971495.jpg

で、ドリンクは正調三冷生ホッピー、ジョッキは先日西新井の名店三峰で頂いたレアもんホッピージョッキ♪
チープな肴をコイツでシャリシャリ飲ればね、宅打ちの醍醐味だ。






92ca3879.jpg

ウマいんだなこれが♪






96b735c5.jpg

翌朝はあれですよ、やっぱし炊き立てごはんに山椒の佃煮を乗っけてね、至福の朝餉。
ぁあ、日本人に生まれて良かったなぁなんつって、大げさに喜んでみる(ワハハー)


ちなみに飲んで帰った時に食う茶漬けのお供にも、最高のパフォーマンスを発揮する事、言うを待たない。
(ちょっちゅるCroquettePunchアニキの言い回しをまねっこしてみましたワハハー)



まぁあれだ、VIVA!佃煮!






第三回 手長蝦釣り



最近の早朝散歩でのパチリを少々。



6ad32317.jpg

紫露草。


8a11efa2.jpg

丘ん穂を食べに上がって来たカルガモ。
普段は割りと警戒心が強いが、こうして上陸してくると、近寄っても逃げない。 
不思議。




c781f374.jpg

久々に見たクサガメ。
在来種はミシシッピアカミミガメに追駆され、珍しいものになってしまった。
頑張って生き残って欲しいねぇ。


■ ■


6月26日(日)は今年三回目の手長蝦釣りに。


大物ポイントに到着し、初期に通ったあたりでパンを齧りながら偵察すると、デケェのが一匹お散歩してるのを発見。
ここでやってみる事にするが、実釣開始すると、蝦影はさっぱりで・・・・




5e2622bf.jpg

最も釣れるいつものエリアへ移動するも、やはり蝦影は薄く、最初の一匹をキャッチするのに30分を要した。
片腕ながらグッドサイズで、推定24センチオーバーのダンジューロ候補♪






e647a210.jpg

次もかなりの大物で、赤みがかったハーフソフトシェル。
髭が柔らかく垂れ下がってるのが見て取れると思う。
こういうヤツは水槽で長生きしてくれそうだね♪

ちなみに竿は五尺四寸、このポイント専用の和竿っす。






b83aabc9.jpg

こないだこたな木亭主からの情報で、隣の釣り人が熱帯魚みたいなヤツを釣ってたらしいと。
説明される体形から、僕はチンチン(黒鯛の幼魚)じゃないかと踏んでいたんだが・・・

一見セイゴに良く似たそれっぽいのを見っけたので、仕掛けをプレゼントすると、入れパクで掛かって来た♪
まだまだ幼魚なのでデコッパチじゃないけど、これはブルーギルだ。

今までセイゴだと思ってたヤツ、殆どがコイツだったんだねぇ。

綺麗なので蝦水槽で飼うことにする♪






2bfcaa23.jpg

またまた特大♪
やっぱしデケェと釣り味もいいねぇ。

華奢な和竿をぎょんぎょんと曲げてくれて、目尻も下がるねぇ。






afb84709.jpg

やっぱし釣れるとチューハイもうめぇゼ♪






26b7acb6.jpg

またまたデケェの♪
愉快痛快!







a93fff1d.jpg

追っかけやって来た呑み朋山羊氏の嫡男翔太君にレクチャー。
幾度かのバラシの後、無事釣り上げるの図。

まだ小学2年生なのでね、ビビリで手長蝦掴めず、うれし怖しの微妙な表情がステキ♪

しかし初めての手長蝦釣りで最初に釣ったのがダンジューロって、どうなのよ(ワハハー)







9ab74ca5.jpg

本日の釣果は大型~特大が8匹+ブルーギルが2匹。


今年は25センチオーバー、釣れるかな?









きのこ号ヘッドモディファイ



梅雨入りして紫陽花がきれいだなぁなんて思ってたら、クチナシの甘い香りが漂い始めて・・・・



49f1ca85.jpg

ウカウカしてたら、そのクチナシもいつのまにか盛りを過ぎちゃったねぇ。


■ ■


去年からミッションの不具合でドック入りしてるきのこ号。
バラシついでに懸案だったヘッドのモディファイをやった。





6908af5a.jpg


e878b3d3.jpg

2004年にエンジンを●●●cc化した時に、ポートを広げるついでにオフセットさせて、ストレート化を図った。
アダプターフランジを用い、デケェインシュレーターでもってφ29のキャブに対応させてある。







d73edae0.jpg

その時にフランジ面の幅が足りなくなったので、当時最高峰と言われたヤナセのメタルパテで肉盛りしたんだな。

去年2011年シーズンに、1番のメタルパテが剥落し、これを同じパテで張り付けて 5シーズン凌いだんだが・・・・






3e91c4d7.jpg

ハンマーでコツンとやると、やはり1・2番はポロリと取れた。
3・4番は強固な接着力が維持されており、剥がすのに難儀する程だった。
昔ながらのこのパテの底力を感じたねぇ。






e0951895.jpg

今回溶接肉盛りにはユテクの溶接棒を使用。
ついでに同調ニップル穴も埋めてしまう。
この穴の所は大幅にポート壁を削ってあるから、肉が3ミり程しか無いので、いつM6プラグビスのねじ山が上がってもおかしくない状況だった。

つーことで、穴は内側からも溶接肉盛りし・・・






9b71f7ce.jpg

フランジ面に出っ張った熔接ビードを切削面研し、恒久的にシール幅を確保。
これで二次空気の心配とはオサラバだ♪

しかしあれだ、アルミ鋳物の熔接肉盛り、入隅部分でアークの集中が悪く、時間を要したので、結構な熱が入ってしまった。

まぁあれだ、この日の前日に溶接機が壊れてしまい、急きょリースで借りて来た溶接機で施工したにしては上手くいった方かな(ワハハー)




業務連絡。
ジローさん江
今回の作業で集中力を使い果たしちゃったので、ヨシムラ手曲げの大手術は次回へ持ち越しとなりました。
もう一辺モチベーションを上げて挑みますので、今少しお待ちください♪




キッチンこばで念願のヒレカツを食す。



地元の洋食屋キッチンなりたが店を閉めてからこっち、オイシイハンバーグやら生姜焼き、中でも豚の味がする旨いヒレカツを食わせる店が無かった。

かつ屋とか田といったお店もあるんだが、これらの店のヒレカツはスポンジの様にソフトで味が無く、食い易くはあるが旨いとは言い難い。



で、6月18日(土)の手長蝦釣行の後、CB400FOUR owners club員キムちゃんがひょっこり現れたので、キッチンこばまでランチしに向かった



f00b76f9.jpg

ご入店。
まぁあれだ、毎度の事だが、飾りっ気無し(ワハハー)






76e8130c.jpg

僕はいつものルーティンでやさいサラダ&ルービーでスタート♪






9d62f877.jpg

来ましたよ、こばのヒレカツ様♪

俵型のカツにデミソースがかかってるんですね。
1,200円の値段とボリュームを考え合わせると、なんとも微妙ではあるんだが・・・・

しかしそのお味は僕が想像した通り、昔ながらの豚の味がする、弾力たっぷりの美味しいヒレカツでありました。
欲を言えばね、レモンを絞って食いたかった。
そしてトンカツソースをかけて食いたかった。

レモンが無理ならこっそり持ち込みとかね、トンカツソースは頼めば出してくれそうだから、次回の宿題と致しましょう。






1990d669.jpg

ちなみにこちらはキムちゃんご注文のAカツライス。
やはりデミソースがけなんだね。
こちらはボリュームたっぷりでいい感じだったのを記しておく。

次回こちらを頼んでみようかな。





記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ