土曜日曜と天気予報が芳しく無かったので、アウトドアは自粛。
金曜の晩に飲み会、土曜はクジラランチと相成った。

ところが日曜日の天気が好転する気配。
う~ん最後に一発、行富士山きますか!

出発は遅めだったけど、東名高速はいつもの中央道より走り易いので、現地着は5:30
今日のポイント富士南麓は海抜1000mぐらいなんだが、生ぬるい南風が吹き込んでるせいで気温は17度と高い。
おまけに霧が濃くて視界が利かないので、30分程フテ寝して待った(ワハハー)







1d7d8aed.jpg

車を出てキジ撃ちを一発ぶちかまし。
山の朝の清々しい空気の中でぶちかます一発は最高なんだな♪
見上げるとサルナシ♪







db50c2c4.jpg

何年ぶりかのキャッチアンドストマック@サルナシ♪
こんぐらいシワシワに完熟してると、歯に滲みるぐらい甘く、香りなんか発酵してる感じ。
やっぱし猿梨は山の果実の王様だ♪







南麓の1000m辺りは杉や檜林が多いので、そんな中でポツリポツリと点在している、小さな広葉樹林めがけて突入してみる事に。
狙いは倒木のナラタケだ。








863f5738.jpg

道路から突入して10秒でハタケシメジ(ワハハー)
目を凝らすと周辺には案の定ハタケシメジの株が点在してた!
少し育ち過ぎだし雨に打たれて流れ塩梅ェだけど、保険で籠に入れちゃいましょう。
ここで嬉しい誤算のハタケシメジ袋1♪









10547fb7.jpg

尚も暫くナラタケを探すがダメ。
見上げた時はもっと真っ黄色だったんだが・・・・
ブナの黄葉。

そうそう、ナラタケは不発だったけど、野イチゴがどっさり自生してるのを確認。
ざっと見たところ3~4種類は生えてたから、来年が楽しみだ♪







508981d9.jpg

車まで戻り、周辺を丹念に探したら、やっぱしハタケシメジありました♪
ハタケシメジは山ん中でなく、道端の方が生えてるんだよね!








7f3645e3.jpg

先週ハタケシメジを採った辺りまで行ってみると、あったー♪








855f475c.jpg

先週オジサンに遭遇した所にも。
虫に齧られてるけどオッケーっしょ♪







尚も丹念に探していると・・・・・








0a5bce85.jpg

ぉお~!
こここれはコガネタケ!
『ハタケシメジあるところにコガネタケあり』 って言われる程、両者の発生環境はほぼ同じ(らしいよ)
野生の姿を初めて見れたので嬉しい♪
やっぱし群生っていい言葉だよなー(ワハハー)










d9a91789.jpg

まだ笠裏の膜が切れていない極上塩梅ェですのー!








d17080c7.jpg

リンドウの蕾。
もうすぐ寒くなるのに、こんな蕾で大丈夫なのかなぁ・・・・・







ここまででハタケシメジ袋2とコガネタケが採れたので、ナラタケ開拓モードにスイッチしてあっちこっち散策するも、ダメ。
う~ん、こんな時、地元のブロ友ふだつきさんでもいてくれたら、アドバイスでももらえるんだろうけど・・・・
しょーが無いので、徹底的にハタケシメジを狙う事に。







で、何か予感がして、車を止めて道端を凝視すると・・・・








f788731b.jpg

ビンゴー!
僕ってば冴えてるね~♪







679a3551.jpg

ぽっこり!
ぅう~! やっぱし群生って素敵な言葉だ~!








7c48d218.jpg

ぽこぽこ!
なんだかんだで、ここでハタケシメジ袋2を追加で、合計2㎏は採ったかなー。
雨で流れたヤツは倍以上あったから、2日前に来ていれば収量は3倍は採れたねきっと。
てなわけで、大満足で終了としました。






bf070af8.jpg

帰りがけ、リンドウ咲いてたのでパチリしたけど、3枚も撮ったのに全部ピンボケとほほ。






先週で終わりの筈だった今シーズンのきのこ採り。
今日で本当の終わりになると思う。
最後の最後まで沢山採らせてくれた山の神様に感謝!





おまけのディナー画像





ef6eb56c.jpg

69bf35e7.jpg

000fb9eb.jpg


いつものこたな木にきのこを卸しついでに、ハタケシメジのマカロニ炒め・ハタケシメジと鹿肉のソテー・コガネタケの網焼き。

開ききったハタケシメジを使ってもらったけど、やっぱし歯切れはイマイチだった。
開いたヤツはダシ取り用にでもするしかないか~?

コガネタケは結構クセが強く、シンプルな網焼きはイマイチだった。
もっと濃い味付けの料理に使う感じかなぁ。
まぁ工夫次第で美味しくなるかもね♪
(翌日コガネタケチャーハンにしてもらったら、バリウマでした!)