山歩きの事とかいろいろです。

懲りもせず第十一回 手長蝦釣り@ハシゴ

■                        
前日21日の土曜日に続き、連荘の釣行♪
クラブツーリングでビーナスラインを走る予定だんなんだが、夜明けから3時間ほど釣りをしてからでも集合に間に合いそうなので出撃。

ところがせっかく早起きしたのに、未明からの霧雨が段々と強くなり、待機。
小止みになりかけた5時に出撃。







7月22日(日)
中潮
5:10開始。






昨日特大を掛けた辺りを廻ってみるが、蝦影は無く、大石周りを丹念に探って行く。
普通の手長蝦は腰を据えてやるもんだが、ここでは歩きながら探って行くスタイル。




川の前に住んでるオバチャンが近所の人達と朝の挨拶やらお喋りしている。

『おはようお兄さん、何釣ってるの?』

『蝦です』

『へぇ~、長年ここに住んでるけど、蝦なんて見た事無いワ』

『そのうち釣れますからお見せしましょう♪』







64f68ed4.jpg

軽くヤバかったかなとチョッチュル後悔めいたものを感じつつも、最初に釣れて来たのは中々のサイズだった♪(ホッ)








少し離れた向うの方で早朝井戸端会議してたオバチャン、僕の釣る姿をチェックしてたらしく、

『あっ!釣れた、釣れたわよっ♪』

言うが早いかこちらへ飛んできて、立派な手長蝦を見て感心してたyo!
良いのを見せられて良かったね(ワハハー)








25c6d1f4.jpg

しかし後が続かず、二度の超大物バラシを挟んで一時間後にそこそこ良いのを追釣イテテ♪
相変わらず型は良いんだが数は出ないねぇ・・・・

さっきバラシた超大物、デカかったなぁ・・・・







超大物は餌を食うのが下手なんだよね。
だから余計目に送りこんでから聞き合わせするんだけど、それでも掛かりが浅く、スッポ抜ける事が多いんだよね。
やっと掛けても、根に入られぬように強く溜めると、超大物のパワーと体重により、口切れしてしまう。
そんなだから、石の隙間にいる超大物を釣るのは難しく、六割以上は逃げられる。

その代わり、広々した川底を散歩してるヤツを釣る時は、ドンドン!と言った強い引きを柔らかい竿で溜めながらいなし、思う存分釣り味を楽しむ事が出来るってわけだ。









e635e8ec.jpg

その後抱卵♀タイムに入っちゃって、卵モリモリの♀を数匹リリース。











7f7c583f.jpg

ふくれっ面のダボ君。
カッと開いた綺麗なブルーの鰭を写したかったんだけど・・・・





ここの時合いは短く、これ以上粘っても意味が無いので切り上げる事にした。









7b2a438e.jpg

本日一発目の集合写真。
バラシた超大物が釣れていればあと二匹が加算された筈なんだけどね。









一旦帰宅し蝦達を水槽に放ってから、再度いつものポイントへ向かう。
霧雨は相変わらず降り続き、路面はフルウエットだから、本日のツーリングは欠席に決めた。

9:30にポイントへ入ると、特等席が空いてるぜラッキー♪









0d24acc7.jpg

524158c2.jpg

ソコリに向けてゴールデンタイムに突入し、こんな中型が二本竿を交互に絞り込み入れ食い!
デケェのも面白いが、入れ食いもまた楽し♪
そんなこんなで12:30近くまで入れ食いを堪能し、少々食いが鈍り出したところで納竿とした。








c115393c.jpg

集合写真は死んだのや弱ったのを間引いた後のもの。
小型や抱卵♀は20匹以上リリースしたから、もしかすっと一束行ったかもネ♪
■                        

第十回手長蝦釣り

■                        
気象庁が梅雨明け宣言したけど、ここ数日は涼しい日が続いてるね。
今日も夜明け前から出撃のつもりだったんだけど、しとしと雨が段々と強くなってきたので待機中。
やることもねぇのでブログのUPでも♪



数えて10回目の蝦釣り。
なんだかんだと飽きもせず続くもんだ(ワハハー)

昨夜も福政でしこたま飲んだけど、三時半の目覚ましでパッチリ起床♪
今にも降り出しそうな夜明け前の曇り空の下、出撃。







7月21日(土)
中潮
4:30開始。





一年振りの大物ポイントに到着し、はやる気持ちを抑えつつ仕掛けを結び、開始すると暫くはアタリ無し。

ふと目の前の水中石に目をやると、ゴロタ石上に何やら・・・・
ゆらゆら見えるのはデケェ蝦じゃん!
ヤツの目の前へそ~っと赤虫君をプレゼントしてみると、食ってる食ってる!







71f20827.jpg

上がって来たのは大物!
これがなんと脱皮したてホヤホヤのソフトシェルだった(驚き)






そうそう、この釣り場は水深が浅く、見釣りができるんだっけと思いだし、それとなく探してみると又もや大物発見!








c9ea73fe.jpg

イテテ嬉しい特大サイズのエビゾー君♪
一年振りに見る特大、迫力あるはやっぱし!

てゆーかー、エビゾー通り越して25cm超のダンジューロー級行ってるかも?!








その後同サイズを3匹程バラし、中型を追加して・・・・









9efb7616.jpg

デキハゼ君やら・・・











e128ed5d.jpg

カルガモ一家をパチリ。





ポツポツ降り出した雨が本降りになってきたので、6時に納竿とした。









d3941b6d.jpg

チョッチュル寂しい集合写真だけど、デケェのが釣れたので満足♪
しかしあのバラシたデケェの、あと数秒待って上げれば釣れたんだよなぁ・・・・





また行くっぺ↑
■                        

ヘルメットホルダー

■                        
一時はプレミア的に価格が高騰していたホンダ純正ヘルメットホルダー。
今はリプロだか大量発掘だか判らんけど、相場は高いの安いの色々あるみたいですねー。







65a8e201.jpg

僕のは大分以前、格安で手に入れた掘り出しモン(らしいよ)
でもね、メインキーとホルダー専用キー、二つのキーがジャラジャラするのは好きくないのね。











0d440c8d.jpg

中身をやりくりして同一キーで使える様にしたいんだけど、キーの溝位置が違うので、互いのシリンダーにキーを差し込む事すら出来ないのが惜しいところなのヨ~










a936242f.jpg

コイツはebayで安く仕入れたジャンク品セット。
このキーシリンダーをドナーとして、臓物を摘出する算段。

ちなみにきのこ号のシートキャッチはスイング蓋が付かないノンオリジナルなんだけど、今回蓋付きが付いて来たので二度美味しいかも♪



ま、オマケでくっついて来た社外品?キーシリンダーキャップなんかも、まともに買うと結構するからね、Yオクで売れば一発で元を採れるネ!









6bcf6e09.jpg

まずはキーシリンダーを取外し、ここの土手をヤスリで削り、問題のキー溝が無くてもキーを差し込めるようにする。










be7f4da0.jpg

真っ平らまで削って・・・・










dcfd00eb.jpg

よっしゃズッポシ入ったyo!













51140fd5.jpg

メインキーのギザギザに合う様にピンの高さをやりくり。
ドナーのピンを使い回して組み替え、それでも合わないピンは削って高さを揃え・・・・・










03288500.jpg

ボディ側にもスプリングとピンが居るのね。
これって両面キーより厄介な造りなんだよねー。














何度かピンやスプリングを飛ばしながら、地獄のエンヂニヤリングを組み立てて・・・・









f9c841a7.jpg

ヨッシャ完成。
これでオリジナルのヘソキーでもってヘルメットホルダーを開閉できるね!

それにしても車体にヘルメットホルダーが付いてなかったつーことは、昔は泥棒がいなかった?(ワハハー)
てゆーのは冗談で、昔はヘルメット着用義務が無かったから、安くないヘルメットを被る人は少なかったんだろーねー。
ちなみにアメリカなんかは今でもノーヘルOKだよね(らしいよ)

日本でも、79年頃?までは30km/h道路ではノーヘルOKだったし、原付のお巡りさんなんか金バッチ代紋付きのドカヘルだったしね(ワハハー)



メインスイッチとハンドルロックとヘルメットホルダーが一本のキーで使えちゃうのって、今じゃ当たり前だけど、これが1969年式だとすんごく高級&スマートに感じちゃうから不思議(ワハハー)
ま、あんまん自己満かな~ウシシ♪
■                        

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
読者登録
LINE読者登録QRコード
アーカイブ
  • ライブドアブログ